シフトラボ?

slider-top-03

シフトラボとは

シフトラボは、日本を代表する社会的企業家のコミュニティに参画し、社会と人財のイノベーションへ共創・協働する、新たな行動/実験/体験プラットフォームです。

課題先進国である日本の不安な今を乗り越えていくため、社会を良くするために活躍する「社会的企業家」が求められています。「社会的企業家」とは、いま解決が求められる課題に対して、社会性、事業性、革新性をもって取り組むヒトのことで、ソーシャルビジネスを起こす起業家と企業で働きながらソーシャルビジネスやソーシャルアクションに携わるヒトのことです。その社会的企業家を輩出するため、シフトラボは、多様な生き方や働き方を体験し、社会的企業家とともに社会づくりに参画できる様々なプログラムを提供いたします。

経営参加からアイディア応募まで、あなたの力を発揮できるソーシャルな居場所と出番がきっとあります。わたしたちは皆様の参加をお待ちしています。

シフトラボのミッション

about-shiftlab-01

シフトラボの目的

about-shiftlab-02

シフトラボが目指す「7つのシフト」と「3つの事業」「9つのサービス」

「シフトラボ」は、「シフト体験」「シフト実験」「シフト・アクト」という3つの事業からなり、学生から社会人を対象に、9つのサービスを提供します。

about-shiftlab-03

logo-sl-shift-experience

様々な仕事の体験をすることで、その働き方や生き方に出会うことができる3つのサービス。一日から数日間の体験や旅行、インターンシップを通じて就職体験ができます。

logo-sl-shift-explore

ヒト・コト・マチづくりを図る社会実験サービス。座学での学びのみならず、具体的な案件に関わりながら学ぶことができる「プロジェクト・ラーニング」の手法で、一定期間集中的に事業者から仕事のエッセンスを学ぶことができます。

logo-sl-shift-act

産官学民NPO等が共に助けあう理想的なまち「ソーシャル・タウン」や社会的企業家とソリューションを創発させるプラットフォームとなるサービス。コミュニティの形成や仕事割り、人材交流ができます。

運営団体

シフトラボは、日本最大のソーシャルビジネス企業・団体の業界団体である一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワークとソーシャル・マーケティング専門のプロデュース・ファームである株式会社ソシオ エンジン・アソシエイツの共同事業として運営しています。[>>詳細]

名前の由来とロゴマーク

「SHIFT」は、Social and Human Innovation For Transforming into social town and careerの略です。
課題先進国である日本の不安な今を乗り越え(=For Transforming)、ヒト(=Human)がヒトのために生き、働くコトを幸福に感じられる体験や参画から、その協働によるソーシャルアクション=コトを共創し続けられる自律や自治の共助社会としてのマチ(=Social)、を実験・実現(=lab)するしかたである本来のソーシャル・ワークライフスタイルの継承・熟達・啓発(=Innovation)により 、なつかしい未来の希望へパラダイム・シフト(=SHIFT)を図ることをミッションとする、という意思が込められています。

about-shiftlab-05

ロゴマークは、上記のミッションを表し、右上の星のように見えるモチーフが多様な方向に向かってシフト(移動)する矢印を表現しています。制作は気仙沼にUターンした社会的企業家である鈴木歩さん(所属:pensea & Co.)が担当しました。

 

PAGE TOP