【受付終了しました】フェアトレード・ビジネス塾~途上国とのビジネスを検討の方 、SDGsの中でも注目されているフェアトレードについて学びませんか
開催期間:2016年11/17(木)~11/19(土),12/8(木)~12/10(土)
申込締切:定員に達し次第

こんな方にお勧め

  • *フェアトレードのビジネスをすでに行っているが、基本から学びたい方
  • *将来フェアトレードに関連のある仕事をしたいと思っている方
  • *ソーシャルビジネスに関心のある方
  • *フェアトレードと関連して、事業を構築していきたいと思っている方
  • *途上国とのビジネスを検討の方
  • *SDGsの中でも注目されているフェアトレードについて学びたい方

 

本塾の概要

フェアトレードって何?「フェアトレード」は直訳すれば「公平な貿易」。開発途上国の原料や製品を適正価格で購入し続けることで、立場の弱い途上国の人々の生活を改善する運動です。最近はコンビニでもフェアトレードのチョコレートが置かれるようになるなど、認知度も高まってきました。本講座は、そんなフェアトレードのビジネスを起業してみたい方、さらに発展させていきたい方を対象とした実践講座です。

フェアトレードのセレクトショップLove&sense代表の髙津玉枝さんを塾長とした連続講座。世界のトップリーダーの女性たちとも交流のある、フェアトレード事業の第一人者である髙津さんに、フェアトレード・ビジネス成功のノウハウを直接学ぶことのできる内容となっています。フェアトレードの研究の第一人者をはじめ、リーディングカンパニーでもあるピープルツリーを訪問。塾長のみならず、第一線で活躍している方を講師に迎え、実践的な取り組みを学びます。

フェアトレードという言葉は以前、ほとんどの人が知りませんでしたが、すでに認知度は40%以上となり、多くの生活者が知るようになりました。それに伴い、活発とはいかないまでも流通業も関心を持ってきています。

しかし、一方で商品をとどけるプレイヤーが不足しているため、マーケットが広がっていないのが現状です。

また、取り組みを行っていても、「思い」ばかりが強く、事業として継続性が難しい団体もたくさんあります。多くのプレイヤーが増えることによって、フェアトレードのマーケットは加速度的に広がり、途上国に広がる多くの生活者の支援につながります。同時に、行き過ぎた資本主義がもたらしている搾取などを防ぐことができるのです。

このフェアトレード・ビジネス塾では、フェアトレードの業界の全体を俯瞰的に見て、現在どのような状況下にあるのかを学びます。また、フェアトレードの多様なビジネスモデルを学び、自らの事業もしくは、今後向かっていく方向性などについて、指針を得ることを目的とします。

多くの人が参画することで、世界の貧困問題解決に向けての足がかかりとするものです。みなさまの受講をお待ちしております。

love%ef%bc%86sense%e5%85%a8%e4%bd%93%e3%80%801609

 

開催概要

※ 定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
※ 最低募集人数に満たない場合、開催しない場合がございます。悪しからずご承知おきください。

 

期待される成果と目標

  • *フェアトレードの価値観・理念の共有
  • *現在のフェアトレード事業に多様な考え方や手法の違いを認識し、それぞれの特長(メリット・デメリット)を理解し、自らの考えも深めます。
  • *事業を進めるうえでの課題を共有し、課題解決に向けて共に学び合います。
  • *同じ理念のもと、集まったメンバーのネットワークが形成されます。

 

塾のスケジュール

事前課題について

①フェアトレードについて事業を行っている人、計画している人は、計画と現在抱えている課題についてA4一枚にまとめて提出してください。

②フェアトレードについて関心を持っていて受講する人は、自らが行ってみたいフェアトレードについてA4一枚にまとめて提出してください。

 

第一部


タイトル
内容 課題
ワークショップ
ゲスト講師
11/17(木)
18:30~20:30
青山会場
第一回
フェアトレードの歴史と概念
フェアトレード業界の第一人者である、東京経済大学 教授 渡辺龍也氏をお招きして、歴史的・政治的な背景からなぜフェアトレード事業が生まれ、その後どのように発展してきたのか、そして、今後業界がどこに向かっていくのかについて学ぶ。

フェアトレードと途上国の貧困の関係性を考え

フェアトレードの認証機関やカテゴリーなど業界の全体像を俯瞰的にとらえる。フェアトレードタウンについても触れる。

ワークショップ
自己紹介
参加動機など
東京経済大学 教授 渡辺龍也
11/18(金)
18:30~20:30
3×3 Lab Future
第二回 Love&senseの取り組みとコンセプトの重要性 阪急百貨店うめだ本店で常設店舗フェアトレードのセレクトショップLove&senseを経営する塾長の高津氏から、Love&senseの生まれてきた経緯についてリアルな話を伺う。

Love&senseの取り組みを通じて、フェアトレード業界のポジショニングと自ら取り組むにあたって『コンセプトメイク』の重要性について学ぶ。(ビジネス・ラベル・草の根運動・NGO等どの位置で自らは取り組むのか)

ワークショップ

自らの課題の共有

11/19(土)
9:30~11:30
ピープルツリー自由が丘店
第三回
フェアトレードの現場を見に行こう
フェアトレード業界のパイオニアであるフェアトレードカンパニー株式会社ピープルツリー)の自由が丘店を訪問。

雑貨・衣料・アクセサリー・食品など視察を行い、ショップのスタッフからコンセプト・商品の品揃え・顧客リレーション・ディスプレイ・スタッフ教育・ショップの運営などについての具体的なお話しを伺い、課題などについても共有する。

ピープルツリー・ショップスタッフ

グローバル・ヴィレッジ ディレクター/一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラム 代表理事 胤森なお子 氏

11/19(土)
14:00~16:00
自由が丘グリーンホール
第四回
お客様にどのように商品を届けるのか考えよう
一回目と二回目の講義と、お店の視察の感想をワークショップで共有する。

自らの取り組み(もしくは計画)をベースに、お客様に自らの商品を届けるためにどのような工夫が必要かディスカッションを行う。

胤森氏と塾長のトークセッションによって、販売戦略について知識を深める。

ワークショップ

店舗視察を共有

 

 

課題を出す

グローバル・ヴィレッジ ディレクター /一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラム 代表理事 胤森なお子 氏

第二部


タイトル
内容 課題
ワークショップ
ゲスト講師
12/8(木)
18:30~20:30
3×3 Lab Future
第五回
商品開発のポイントとPRのコツ
現地パートナーとの商品開発におけるフェアトレード特有のポイントについて学ぶ。特に日本市場で商品を販売するときのリスクについて、塾長が経験してきた具体的なトラブルを通して知識を学ぶ。

一方で、ソーシャルメディア・マスメディアなど多様化するPR戦略について学ぶ。広告費をできるだけ抑えて、メディアを動かすための商品開発のポイントなども共有する。

12/9(金)
18:30~20:30
3×3 Lab Future
第六回
途上国の生産者へもたらすもの
フェアトレードによる途上国への成果・効果について、ワークショップを通じて考える。

株式会社ココウェル 代表取締役 水井裕氏をお招きして、塾長とのトークセッションにてココナッツを産業資源と捉え継続的に活用し現地にもたらす恩恵について語ってもらう。そして、新たなブランドの「フランシス+デール」の開発秘話にも触れてもらう。

ワークショップ 株式会社ココウェル 代表取締役 水井裕 氏

 

12/10(土)
9:30~11:30
青山会場
第七回
それぞれの取り組みについて深堀する
セッションや視察を通じて学んだことをベースに、自らの事業や計画についてワークショップを通じて深堀をおこない、課題を見出す。

ディスカッションを通じて、課題を解決するための方法などを探る。

塾長からのコメントやアドバイスをうけて、さらにブラッシュアップを図る。

有限会社スロー代表取締役、小澤陽祐 氏に取り組みについて話を伺う。

ワークショップ

4人グループを作りお互いでブラッシュアップを行う

有限会社スロー代表取締役
小澤陽祐 氏
12/10(土)
14:00~16:00
青山会場
第八回
まとめ
持続可能な事業について
まとめ・総括

各々のこれからのアクションプランについて発表。

フェアトレードの果たす役割について、また、世界の潮流について塾長より講義。

修了証書授与

自らの計画やこの塾を通じての気づきについて発表

 

 

講師プロフィール

kyototakatsu2塾長:高津 玉枝 氏
株式会社福市/Love&sense 代表取締役
大学卒業後、富士ゼロックスに入社、その後雑貨商社を経て、1991年に売り場をプロデュースする会社を設立。フェアトレードの概念に出会い、2006年に株式会社福市を設立。「持続可能な社会のために行動する人を増やす」ことをミッションにフェアトレードの普及に取り組む。阪急うめだ本店にフェアトレードのセレクトショップLove&senseを出店。東北支援プロジェクトEAST LOOPを創出。2015年からは京都市イノベーションキュレーター塾の塾長を務める。国際NGOオックスファムジャパン理事(2003~2012年)/特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 理事(2010~2014年)/一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム 監事/一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク フェロー

 

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%be%8d%e4%b9%9f

ゲスト講師:渡辺 龍也 氏

東京経済大学 現代法学部教授/日本フェアトレード・フォーラム理事
担当講義:NPO論、国際開発協力など。1952年東京生まれ。1977年東京大学教養学部教養学科卒。1989年タフツ大学フレッチャー国際法外交大学院修士課程修了。NHK記者、国際協力NGOセンター調査研究主幹、日本国際ボランティアセンター(JVC)ラオス事務所長などを経て、2000年より現職。著書に「『南』からの国際協力」「フェアトレード学」などがある。

 

unnamed

ゲスト講師:胤森 なお子 氏

一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラム 代表理事/NGOグローバル・ヴィレッジ ディレクター
通信会社に15年間勤務し、顧客対応、広報、販促などを経験。1999年、ボランティア参加を経てピープルツリー(フェアトレードカンパニー株式会社)のスタッフとなり編集や広報を担当。フェアトレードのスポークス・パーソンとしてセミナー講師などを務める。2006年~2016年8月まで同社常務取締役。同年9月より、同社のNGO部門グローバル・ヴィレッジでフェアトレードの啓発・推進活動に専念。

 

 

 

 

111ゲスト講師:水井 裕 氏
株式会社ココウェル 代表取締役
1976年大阪市生まれ。2002年に途上国の環境問題を学ぶためフィリピン・ベンケット州立大学へ環境留学。そのことがきっかけでフィリピンの貧困問題に関心を持つ。2004年に就職が決まるが、フィリピンへの思いを捨てられず半年で退職し、株式会社ココウェルを設立。
ココナッツの専門店として、食品から化粧品、雑貨まで幅広い商品を取り扱い、全国のフェアトレードショップ・百貨店などでの販売や、レストランなどへの原料卸を手掛ける。

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3ゲスト講師:小澤陽祐 氏
有限会社スロー代表取締役
1976年松戸生まれ。有限会社スロー代表取締役、コーヒー焙煎技師。ナマケモノ倶楽部共同代表。99年よりスロームーブメントに関わる。00年7月、スロービジネス第1号として、20代男子3名でスロー社を設立。20代の起業ならではの紆余曲折を経ながらも、【オーガニック】【フェアトレード】のコーヒー豆のみを【自社焙煎】することに特化し、スローながらも着々と卸先・顧客をふやしている。09年10月には、スローコーヒー八柱店をオープン。16年からは焙煎機の電力を100%太陽光発電の電気に切替え【ソーラー焙煎】を開始。ファーストではない、スローなコーヒーのあるライフスタイルを提案中。

 

お申込み

以下のフォームよりお申し込みいただいた場合、お支払いは銀行振り込みとなります。クレジットカード、コンビニ決済をご希望の方はこちら(Peatix経由)をご利用ください。

この講座への申込みを希望される方は、下記に必要事項をご記入の上、[送信]ボタンをクリックしてください。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(ご自宅または携帯電話) (必須)
年齢 (必須)
性別 ※任意 男性女性
住所(郵便番号からご記入ください) ※任意
所属 ※任意
お問い合わせ内容 ※任意
記載内容の確認 (必須)
記載内容に誤りのないことを確認しました。

 

新着記事
SHIFTフェロー
SHIFTプロジェクト
SHIFTメディア
新着募集メニュー
行動する
実験する
体験する

PAGE TOP